recurit

仲間を知る

毛笠 直緒Nao Kegasa

2017年4月

満マル尼崎店勤務

私の仕事

社員として。働く上でのやりがいとは?

経験から得た知識と気づきで
みんなが楽しいと
思える場を作ること

新卒で入社し、今年3年目です。尼崎店以外にも西九条や心斎橋店など様々な場所で勤務し、経験を積みました。私は負けず嫌いな性格ですので、研修期間は同期の仲間でもありつつ最大のライバルと感じていました。キッチンの仕事は学生の頃、アルバイトで経験していたので自信がありましたが、お客様とのコミュニケーションを取るのが苦手で、一番出来なかったんですよね。悔しい思いもいっぱいしましたが、持ち前の負けん気の強さで一歩一歩成長してこられたと思っています。その結果、今ではお客様に褒めて頂けることもありますし、お客様が喜んでくれることが一番なんだということが理解できてからは、気持ちも前向きになりました。研修当時、教育トレーナーからよく怒られたりもしましたが、今となっては感謝しています。今では当時の教育トレーナーとも飲みにいくほど、コミュニケーションがとれるようになりました(笑)。

仕事って、辛いことや大変なこともいっぱいありますから、つい「どうしたらラクにできるかな~」と考えがちだと思うんです。でも私は、「どうしたら自分と一緒に働く人たちを仕事の負担を軽くし、ラクに働いてもらえるかな?」って考えるようにしています。例えば、お客様からお声がかかる前に気づくようにするとか。そういった気配りができていると、やはりその気持ちはきちんとお客様にも伝わるんです。そして「気が利くね」など感謝のお声をいただいた時は、とてもやりがいを感じます。そんな考えを持てたのは、自分自身が成長し、作業効率と接客スキルを上げることができて以前より仕事がラクになったからです。さらにこれまで、仕事で行き詰った時に上司に愚痴を言ってしまったこともありましたが、そんな時「それは自分の責任じゃない?周りが動いてくれるように仕向けるのも仕事だよ」とアドバイスを受けたことで、自分を省みることができるようにもなりました。日々大変なこともありますが、イートファクトリーで働くことによって学び、成長できた部分は多々あります。

イートファクトリーを
選んだ理由は?

“笑顔が第一”
そんな企業理念と熱意に
心を動かされたから

飲食業界は、働く事のすべての要素が詰まっている仕事だと思いましたので、色んなことが経験できると考え、高校生の時からアルバイトをしていました。ただ、就職となると少し迷いはありました。世間でいう就業時間のこととか冷静に考えたからです。でも、ある就職説明会で、イートファクトリーの採用担当の方に出会ったんです。いろんな迷いが吹っ飛ぶくらいすごく熱意を感じて、こんな人たちが働く会社であれば、ぜひ一緒に頑張りたいと思ったのがキッカケです。それから会社のこととか知っていくうちに企業理念などにも共感して。“笑顔が第一”のイートファクトリーであれば、きっと頑張っていけると思ったんです。

イートファクトリーの
好きなところは?

夢や目標が実現できそうな
風通しの良い環境です

やりたいことをさせてもらえることですね。願望や要望を全て聞いてくださり、「検討しようか!」や「こう考えようか!」など前向きに話をしてくれます。それが叶うかどうかは別として、絶対に否定はされないところが凄くいいなと思っています。本部の方や店舗の店長、SVの方とも話をする機会はありますが、希望や夢、目標などは凄く前向きに捉えてくださり、この会社に入社してから一度も否定をされたことがないんですよね。イメージですが、一般の企業で考えるとなかなかないことだろうと思っています。

そして働き出してから、より自分らしさが出せるようになったのもこの会社の好きなところですね。もちろん怒られることもありますが、何でも発言できる風通しの良い環境だからこそ、思ったことはきちんと要望として伝えられるようになりましたので、性格としても明るくなったんじゃないかと思っています。

あなたの目標は?

将来の目標としては、自分のお店を持つことです。今は例えミスをしても上司や誰かがカバーしてくれる。甘えではないですが、どこかで考えてしまっている部分もあると思うんです。だからこそ、全てにおいて責任を持てるようになりたい。方法としては、社内起業も考えていますね。絶対否定はされないと思いますし。一日でも早くそうなれるように、今、シフト管理や発注、棚卸しなど、店長業務も率先して行っています。いつ何があるかわからないですから、お店の中の出来うる限りの仕事は全てしていますよ。まずは早く店長になりたいです!

その他の先輩インタビュー