recurit

仲間を知る

尾川 孝介Kousuke Ogawa

2018年11月入社

経営管理部 マネージャー

私の仕事

経営管理部の仕事とは?

経営の基盤を支え動かし
会社を成長させる仕事

私は経理担当ですので、やはり財務管理がメインです。当社は「仕入」と「売上」で担当が分かれており、私は「仕入」とマネージャー職を兼務していますので、前月分の仕入の計上や重要な支払業務を行っております。経理という仕事上、会計知識を含めた基本的なことはどんな会社でも一緒だと思われますが、当社は発展途上中で伸びしろの大きな会社であり、それに合わせ会計処理も変化していきます。そこには他社では味わうことができない改革、変革を実感することができ非常にやりがいを感じます。前職を含め、長年に渡り経理の仕事に携わってきましたがIPOの経験ができるなど、自分の意欲次第で新しい知識も身につけることができるタイミングに入社できたことは嬉しいですね。

イートファクトリーを
選んだ理由は?

主体的にクリエイティブに
仕事ができる会社だから

前職は食品メーカーの経理を担当していましたが、これからの社会人生活をあらためて考えた時に、伸びしろがある会社で仕事がしたいと思ったんです。私の性格上、守りの人生では物足りなくて(笑)。決められた範囲内で同じ仕事を繰り返すよりも、一緒に何かを創り上げていくことができそうな会社を探していました。成熟した組織は“市場規模を守る”“その中での自分の立場を守る”といった風に、良い意味で“守りの姿勢”ですよね。もちろん安定しているので、仕事だけではなく生活していく上での安心感はある。でもどうせなら、新しいことに挑戦してみたいという思いが強かったんです。そんな自分の思いに合致していたのが、イートファクトリー。面接の時にも「創造できる人、考えられる人を求めています」と言われ、この会社であれば、実務をこなすだけではなく、主体的に仕事に取り組めそうだと考えたからです。

実際、入社後にあらためて分かったのですが、当社にはチャレンジ精神を後押ししてくれる土壌がある。部署が違っても、みんなの意志が繋がっているような職場の雰囲気も魅力的だと思います。

入社後に変わったことは?

貢献したいと思える会社だからこそ
もっと頑張りたいと思える意識かな

入社前から取り組んでいましたが、本格的に資格取得に励んでいます。実際、入社してから話す機会の増えた会計コンサルタントの方の知識が凄くて、もっと知識を身に着け積極的に仕事をしていきたいと気づいたことがきっかけです。自分自身がスキルアップしていきたいので。また、物事を決断するときの意識も変わってきましたね。例えば、目先のことを考えるとAを選択した方が楽だとしても、3年後、5年度を見据えたときの選択としてはBの方が生きるな、というように。これはやはり会社の将来に関わるような仕事に携われているからだと思います。そして当社には1Fに店舗がありますので、売上を直接立てている現場のスタッフの頑張りを見ることができる。だからこそ、本社の人、現場の人ではなく何かを決断・判断するときに、みんなで成長していくんだという強い思いを持てるようにもなりましたね。

あなたの目標は?

会社として大阪で一番の居酒屋業界を目指していますので、経理として求められるスピード感や社内の情報共有などに尽力しながら貢献していくこと。そして個人的にはそんな会社の意思決定に参加出来るようになりたいです。そのためにも資格取得など、日々努力を積み重ね誰からも認められ、任せられる人になりたいですね。

その他の先輩インタビュー